南米移住生活,  恋愛

ダーリンはパラグアイ人2

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちわ。
日本とパラグアイはちょうど12時間時差があるのでブログを書いている今は昼ですが最近予約投稿にしています。
夜中に更新してもあんまり見てくれる人がいないと思うので(^-^;
 
突然ですが最近、私たちの間で流行っている言葉遊びをご紹介します。
スペイン語ペラペラな方が読んだら批判したくなるかもしれません笑
 
 

 

ちょっとへんてこで、でもなんだかおもしろい。

スペイン語圏の人にウケるようなネタ欲しくないですか?

完璧に話せるよりちょっと下手くそなくらいが現地の人にはウケる?!

 

そんなちょっとおもしろスペイン語を使った遊びをご紹介します。

※このブログを参考にして間違ったスペイン語を覚えた、どうしてくれるんだというクレームは受け付けません笑

 
 

日本語とスペイン語を混ぜる

彼はほとんど日本語を話せませんが、なぜか私の口癖やどうでもいいことを覚えています。
 
私もそこまでスペイン語が話せないのでよく伝わらずもどかしくて、
「だから」とか「何?」とよく言うので彼はそれをマネしています(-_-)
 
 
アスンシオンのらぱちょにいたとき娘さんが日本語の「ちょびっと」とスペイン語の「poquito(少しだけ)」を混ぜて「ちょびてぃーと」と言っていてかわいかったのでそれを彼に話したら気に入ったようで私たちもよく
「ちょびてぃーと」を使うようになりました。
 
 
 
 
 
 

意外と似ているスペイン語と日本語

 
 
スペイン語と日本語って全然違うようで時々似てる単語があるんですよ。
似ている言葉は覚えやすい!
 
ということでちょびてぃーとご紹介します(^_-)-☆
 

私はこうやって単語を覚えました

poquito(ポキート)」と「ちょびっと」も似てるし
場所を聞くときに「donde estas?(ドンデ エスタス)」と言うんですが、私は「どこですか?」と覚えました。響きがちょっと似てませんか?
 
スペイン語で「見る」の原型は「mirar」で日本語の見るとほぼ一緒だし、
 
去る」はスペイン語で「salir(サリール)」で似ています。
 
 
食べるという意味の「comer」は米=食べ物→食べると連想できます。
 
食べ物という意味の「comida」は勝手にコメダ珈琲で覚えました笑
 
「もっと」英語で言うmoreはスペイン語ではmas。
日本語の「増す」で覚えました。
 
 
あと、すごくとかとても、と言う時はは「mucho」なんですが、これは「めっちゃ」と似ているので覚えやすかったです。
 
 
 

おかしなスペイン語を作って遊ぶ

日本から持ってきた鼻パックをさせてみました笑
彼は鼻が高いので日本人用のパックは小さすぎるようですね(^-^;
 
 
 
これはスペイン語あまりしゃべれない人がやったら後々間違えて覚えそうなのでオススメはしませんがおもしろかったのでご紹介します。
 
 
 
その前にスペイン語の活用形のお話を少しします。
 
スペイン語は主語が「だれか」によって動詞が変形します。
 
 
英語のbe動詞にあたる動詞がスペイン語には2つあってser=〇〇ですと、
estar=●●いるがあります。
 
普遍的なことを表すときにserを使い、状態を表すときはestarを使います。
 
 
私は〇〇ですのときにはこのserがsoyに変わります。
 
私は〇〇です=yo soy
あなたは〇〇です=tu eres
彼・彼女(あなた)は〇〇です=el/ella(usted) es
私たちは〇〇です=nosotros somos 
彼ら・彼女たち(あなたたち)は〇〇です=ellos/ellas(ustedes) son
 
 
 
そして、現在はあまり使われていないvosotros(あなたたち)があります。
あなたたちは〇〇です=vosotros sois
 
 
 
もうひとつの動詞estar(いる・ある」)はこんな風に変形します。
 
私は〇〇いる=yo estoy
あなたは〇〇いる=tu estas 
彼・彼女(あなた)は〇〇いる=el/ella(usted)esta
私たちは〇〇いる=nosotoros estamos
彼・彼女たち(あなたたち)=ellos/ellas(ustedes) estan
 
 
そしてvosotros estais
 
 
 
このvosotrosをわざと使って話すという遊びです。
 
 
例えば普通の会話で「わたしたちはワインを飲む」はnosotros tomamos vinoのところを
vosotros tomais vinoという感じ。
 
 
普通に読んでもそんなにおもしろくないと思いますが、会話で使うと違和感があっておかしいんです。
 
たぶん、スペイン語圏の人にわざと言ったら笑われます。
 
 
 
 
お酒を飲んでたときに突然vosotrosゲームを始めたんですが想像以上に笑えました笑
 
しかも変形させるのは動詞だけなのにふざけて名詞まで動詞のように変形させたり・・・
 
 
※正しくないスペイン語です。
 
うさぎ=conejoを使って「あなたたちはうさぎを触る」
本当だったらvosotros toquais conejo を、
vosotros toquais conejaisとか。
 
(conejoは名詞なので変形させてはいけません)
 
 
 
 
スペイン語をちょっとでも知ってる方はこのゲームのおもしろさがわかるかも。
 
スペイン語の先生に見られたら怒られそうですね(^-^;
 
 
 
 
 

おかしな名前を作る

以前はヘルメットなしでバイクに乗ってましたが警察に見つかるとまずいし危ないのでヘルメットを買いました。
蛍光ピンクでめちゃくちゃ派手ですが笑
 
 
彼の苗字はBarreiroです。
 
 
あるとき、バスのチケットを買うためにバスターミナルへ行きました。
そのとき、前のいらないチケットが私のパスポートに挟まってたので彼に「これいらない。」と言って渡したら
 
「ok ぼくはゴミ箱代わりね」と冗談で言いました。
 
ゴミ箱=basura、basrero
 
なんとなくbarreiroと似ているので、私が「〇〇(彼の名前)basrero」と言ったら私的には面白かったのですが彼的にはそうでもなかったようです。
 
 
 
後日、アパートに住み始めたんですが、洗濯機用の排水場所がなくて大きなゴミ箱を排水場所代わりにすることにしたんです。
 
 
そのときに思い出したのか、私がゴミ箱を持っていたら「●●(私の名前) basurero」と言い返されました笑
 

 

 

こんな感じでくだらないけどちょっとおもしろおかしいスペイン語マイブームのお話でした☆

だいぶ私のスペイン語も通じるようにはなってきたものの、まだまだ勉強しないといけないので間違ったスペイン語遊びもほどほどにしておきます(+_+)

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です