南米移住生活

南米・パラグアイでアパートを借りる

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今回はパラグアイでアパートを借りる方法、こちらの家の造りをご紹介します。
 
ま、そんな人あんまりいないと思いますが他の南米の国もだいたい同じ感じかな?
 
 
 
 

日本より簡単?!南米・パラグアイでアパートを借りる

 
 
 

 
 
日本ではネットや不動産屋へ行ってアパートを探すのが普通ですよね。
 
でも、たぶんこちらでは賃貸の不動産屋というのは存在しないと思います(^_^;)
 
 
じゃあどうやって探すの??
 

 

 
 

自分の足で探す

 
 
はい。
 
たまにmercado libreというfacebookで何でも売るフリマ的なサイトに賃貸も載ってたりしますが基本は自分たちの足で探すしかありません。
 
 
街を歩いてると時々こんな看板を見ることがあると思います。
ちょっと看板が小さくて見えにくかったらごめんさない。
 
 
 
 
 
Alquilerというのは賃貸という意味です。
 
こんなのがアパート(departamento)とかに看板があるのでそこに直接電話して部屋を見せてもらう感じです。
 
 
あとは家(casa)の一角を貸しているところもあるし平屋で日本でいうワンルームみたいなところもありますがキッチンはないし薄暗くて汚いところが多いのでアパートのほうがいいと思います。
 
 
 
私が前回借りたところは2DKで一応シャワーとトイレのところにドアがあってバスルームがびしょびしょにはならないタイプでエアコンとファンがついて1ヶ月1000000グアラニー(2万円くらい)でした。
 
日本人の感覚からすると安いけどこちらの人からするとそれでも高いみたいです。
 
というか、こちらの人は基本結婚するまで実家暮らしなようなのでアパートを借りる人はあんまりいないみたいです(*_*)
 
 
 
これは以前借りてたアパートの写真です。
 
 
こちらは洗濯スペース。
もちろん洗濯機も買いました。
 
  
こちらはキッチン。
引っ越したばかりのときの写真なので散らかってますが(;^ω^)
 
部屋。
この部屋はファンがついてました。
 
 
 

賃貸契約がない

 
日本だったら家を決めたら色んな書類やら仲介手数料やらめんどくさいですが、パラグアイではそんなのは一切ありません。
 
家賃だけ毎月大家さんに払って電気、水道料金だけ。
 
前回住んでいたところは水道料金も込みでした。
 
 
アパート決めたら家賃払ってその日からもう使えます♪
 
 
その代わり少し何かが壊れたときなどには自分たちで治さなければいけません。
 
 
前回住んでいたところはあまりにもトイレの水の音がうるさくて1ヶ月も住んでないのに水漏れしたので、そのときはさすがに無料で業者を呼んでもらい治してもらいましたが。
 
 
 

パラグアイ・家の設備のお話

 
 
海外では日本とは家の作りが違います。
 
例えばアメリカでは家の中でも靴を脱がないのは有名な話ですよね。
 
 
というか日本、韓国(中国も?)以外の国ってだいたい家の中でも土足なんじゃないでしょうか。
 
 

ホットシャワーは電気シャワー

 
 

 

 

 
 
基本的に南米のホットシャワーは電気です。
 
なので、水圧を強くするとぬるくなる傾向があります。
 
日本人からするとあんまり熱くはないかも。
 
 
そうそう、そして電気なので停電したらもちろんホットシャワーも浴びれません(>_<)
 
 
パラグアイはけっこう大雨降るとすぐ停電します。
 
 
だいたいは1、2時間くらいで復活しますが時々長引きます。
 
一度、けっこう長く停電してて夜になったら何も見えなくなると思い、暗くなる前に仕方なく水シャワー浴びたら浴び終わった直後に電気が復活して悔しい気持ちになりました。。。
 
 
 

トイレットペーパーは流せない

 
 
日本ではトイレットペーパーは便器に流すものですが、基本海外のトイレはペーパーは流してはいけません。
 
備え付けのゴミ箱に捨てます。
 
もともとトイレットペーパー自体水に溶けないタイプだし、水圧が弱いのかパイプが細いのかわかりませんが流すと詰まってしまいます。
 
暮らしていれば慣れるけど他人の家とかだとちょっと気を使います。
 
 
余談ですが、なんかパラグアイ人ってあんまりトイレを掃除しないのかバスルームがけっこう汚いです。。
 
私はなるべく2日に一回は便器掃除して便座も洗剤で拭いてましたが日本みたいにトイレクイックルとかないしなーんか洗剤で磨いても便器の素材が違うのかピカピカにはなりません。
 
石鹸置き場も石鹸かすだらけだし。
どうせ汚れるとしても掃除するだけでも見栄えが違うのに。
 
 
 
 

普段の掃除が大変

 

 
 
日本だったらフローリングか畳で掃除機をかけて掃除しますよね?
 
こちらの床はわかりやすく言うとデパートとか学校の床みたいな素材です。
 
あと、網戸というのがないので窓を開けていればもちろん砂ぼこりも入ってきます。
 
 
なので、まずほうきで掃き掃除してからモップがけします。
 
モップがけといっても雑巾を濡らして少し洗剤つけて拭くのでけっこうきついです。
 
夏だと汗だくになります。
 
終わったあとは達成感がありますが、2日に一回くらいやらないとすぐ汚くなるので大変です。
 
 
 

色んな虫が出る

 

 

これはパラグアイに限ったことではありませんが南米や東南アジアはハエや蚊、アリも多いしゴキブリも出ます。。
 
こちらにも殺虫剤はあるのでゴキブリに遭遇したら自分で退治するしかありません(>_<)
 
日本だったら一晩くらい食べ物を机の上に置いておいてもそんなに虫来ないと思いますが、こちらではちょっとお菓子のくずなんかテーブルに落ちてたらアリの行列ができてたりします。。。
 
 
水を飲んだコップを置いて置いたら数匹ありがいたりしました(*_*)
 
 
こっちの人はあんまり虫を気にしてないみたいですが日本人からするとね。。
 
ご飯のときにハエを追い払いながら食べなければいけないのはたまにストレスかな。
 
 
 

ごみの分別がない

 

 

 
ペットボトルも缶も生ゴミもぜーんぶ一緒(^_^;)
環境的にどうなのかなと思いますが結局日本だって最後は燃やすんだから同じことかな?
 
その代わりコーラや、ビールのビンとかは買ったお店に持っていくとデポジットもらえます。
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
だいぶ日本の住宅とはちがいますよね。
 
アパートを借りるのは日本よりずっと楽だし無駄なお金がかからないのでいいけど電気やトイレ、シャワーに関しては日本が一番気持ちよく使えると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です