パラグアイの日常,  南米移住生活

南米・パラグアイで車を買う

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ブログ更新が久しぶりになってしまいました。
最近はほぼ月曜~土曜日まで毎日チャットレディをやっています。
 
いくら稼げたかはまた後日ブログで報告します☆
 
今回は南米・パラグアイで車を買った私の体験を書きました。
 
 
 
 
 
日本の首都圏で生活してる分には電車やバスが頻繁に走っているし、車がなくても生活できますが、海外で生活するには(特に途上国)車は必要だと思います。
 
普通に生活してる分にはバイクでもなんとかなってましたが、私は商売をしようと思っているのでやはり、車があったほうがいいと思ったのです。
 
日本だったら中古車屋やオークションなど安い車を探すのにそれほど不自由はしないと思います。
 
先進国はわかりませんが、パラグアイでは中古車屋はありますが、日本ほど種類も豊富じゃないし、オークションはたぶんないと思います。
 
 

どうやって車を探す?

 

 

 
それでは、パラグアイで車を買うとしたらどうやって探せばいいのでしょうか?
 
新車を売っているディーラーはもちろんありますが、パラグアイで売っている新車はものすごく高いそうです。
 
特に日本車の新車はベンツが買えるほどだと聞きました(*_*)
一般的なパラグアイ人の収入は少ないですが、たまにお金持ちもいるんですね。
 
南米は貧富の差が激しい国が多いのでこちらのお金持ちは桁外れな人もいるようです。
 
 

中古車屋

 

 
街中には一応中古車屋はあります。
アスンシオンやシウダーダルエステのような大きな街ではたくさん中古車屋があるので探すのに苦労しないと思います。
 
私はパラグアイの中古車屋には一度しか行ったことがないので相場はわかりませんが割と高いなという印象でした。
 
お店なのでそれなりに在庫があるので選択肢は多いと思います。
ただ、日本の中古車屋に比べるとボロいものを売ってたり、規模が小さいです。
 
 

メルカドリブレで探す

 
facebookのメルカドリブレという日本で言うとメルカリ的なところで探すことができます。
 
ピンキリですが、けっこう出品してる人がいるので探せばいい車に出会えることがあります。
 
個人的に連絡を取り合って実際に物を見て個人売買になります。
私はメルカドリブレで探しました。
 
まあ、言語があまりわからないので基本的には彼にメッセージのやり取りをしてもらって通訳(スペイン語からスペイン語なので通訳とは言えませんが笑)してもらいました。
 
 
 

中古車はいくらで買える?

 
ピンキリだと思いますがあまりに安いものは相当ボロいか何か問題があると思った方がいいです。
 
私は日産のサニーの中古車を約20万円くらいで買いました。
日本車は中古でもまあまあ高いので安く買えた方だと思います。
 
買う前からエアコンが故障していると聞いてたので車用のエアコン専門店で機械を新しく買いました。
それからオイル交換したり色々メンテナンスしたので実際には22万円くらいかかりました。
 
パラグアイでは日本ではあり得ないくらいボロい車に乗ってる人もたくさんいます。
 
 
写真は洗車しているところ。こちらではすぐ汚くなりますが。。

 

 
 

車を買う手続き

個人売買と言ってもその場でお金を払っておしまいというわけにはいきません。
いくらパラグアイでも一応ちゃんとしています。
 
相手側が書類を用意してくれたので何が必要なのかは詳しくはわかりませんがエスクリバニア(弁護士事務所のようなオフィス)で売る側と買う側がそれぞれ書類にサインします。
 
私はまだ永住権&セドラ(パラグアイのID)を持っていなかったので彼の名義にしました。
 
ちなみに私が運転するにはセドラを手にいれて、またエスクリバニアで手続きする必要があります。
お金を払ったのは私ですが現時点では彼の車ということになります。
 
 
 
 

まとめ

 
 
いかがでしたか?
先進国の状況はわかりませんがパラグアイでは意外と簡単に車を買うことができます。
 
ただ、私の場合は彼氏がパラグアイ人なのでやり取りも簡単ですが日本人がパラグアイ人から買うとなるともう少しめんどくさい手続きがあるのかもしれません。
 
 
 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です