ノマドワーカー,  パラグアイの日常,  南米移住生活

海外で日本の文化を伝えよう!イベント第2回目

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちわ。

パラグアイに来て2か月ちょっとですが、なんだか体調があまりよくないです。

特に12月からこの1か月くらい調子悪いです。

 

じんましんやら生理不順、年末には胃腸炎らしき症状、そして1週間前くらいにアトピーの引っ掻き傷が化膿して右足が大変なことになっていました。

今は病院に行って薬を飲んで治まりましたが保険に入っていないので診察料が3000円くらいかかりました。

かと言ってこちらで保険に入ると月に6000円くらいかかるのでビミョーなところですね(*_*)

 

 

 

さて、前回に続き日本のアニメやコスプレ、k-popのイベントで折り紙ピアスを販売してきました。

前回より規模が大きくて2階と3階の2フロアで開催されました。

しかも今回は土日の2日間だったので気合を入れたつもりだったんですが。。。。

 

結果から言うとグダグダでした(^-^;

 

まあね、うまくいかないこともありますよね。

 

コスプレのレベル

前回はどちらかというとダンスや子供たちの歌の発表会的なものがメインでお店はそこまで出ていませんでした。

コスプレも中にはまあまあ本格的な人もいましたがだいたいはちょこっと猫やうさぎのカチューシャをしただけの子や手作り感満載のコスプレの人が多かったです。

 

でも今回は全体的にコスプレしてる人が多く、けっこう本格的でした。

 

中でもアイロンマン(?)はクオリティー高かったです。

 

 

隣のターボレンジャーもクオリティーは良かったんですが、ヘルメットを取って歩いていたので素顔丸出しだったのがちょっと残念でした(^-^;

戦隊ものやロボット系は素顔を見せちゃうと台無しだなーと思います。

 

 

私はゲームやアニメはほとんどわからないですが、この人もレベル高かった。

 

この人は前日には着物(に近い浴衣のような服)を着て全くイメージが変わってました。

「昨日は侍だったんだよ」と言われ初めて同一人物だとわかったくらいです。

 

あとはこのレベルのコスプレが多かったです。

 

 

今回も数人の人に一緒に写真を撮ってと言われたので私も記念に☆

たぶんこのイベントは商売しようというより自分も楽しむくらいのスタンスでやるくらいがちょうどいいのかもしれません。

 

 

 

イベントの様子

今回は2日間ということで前回の残ったものと合わせてピアスを全部で102個用意しました。

そして前回は試しにブレスレットを作ったのですがブレスレットはイマイチでした。

たまに、ペンダントはないの?と聞かれることがあったので今回は試しにペンダントも作ってみました。

写真に撮るのは忘れてしまいましたがこのゴールドのチェーンのタイプとチョーカーっぽいものも作りました。

 

 

 

前回人気だった鶴と扇子を組み合わせたものもたくさん作りました。

(ところが今回は10000Gsのピアスのほうが人気でした。)

 

実は初日は彼のおじいさんが亡くなって日本でいうお葬式のような儀式があるとのことで私だけ先にイベント会場に向かいました。

 

前回はイベントスタートが夕方16時からで集合は14時でした。

それでもだいぶ早く着いて時間を持て余していました。なので今回もそんなに早く行く必要はないかなと思いながらも一人だと不安だったので13時くらいに着くようにバスに乗りました。

ところが今回は出店者がかなり早く準備していて13時ごろ着いたときには半分以上のお店が準備を終えていました。

 

そして、準備段階からけっこうピアスを見てくれる人がいて早い段階で3個くらい売れました。

これは先行きいい感じかなと思っていたんですが。。。

 

今回のメインイベントはゲームだったようで客層が前回より男性が多い&子供連れのファミリーが少ない印象でした。

そのせいかあまり見ていく人も少なく、隣のアニメのキャラクターグッズやTシャツを売るお店に人が流れて行ってしまいました。

 

正直日本人から見るとださいものがパラグアイ人は好きなようです。

とくにアニメやゲームのイベントということもありますが、売ってるもののクオリティーも大したことないしぶっちゃけシウダーデルエステの街中で買えるようなものを売ってるんですがそれでもそーゆうものが好きみたいです。

 

ふと子供のころを思い出しました。

私が小学校低学年くらいのころはまだショッピングモールなどもほとんどなく、そもそも子供だけであまり遠くまで出かけられないので近所のスーパーの前に時々来る100円ショップや文房具屋に売っているきらきらしたシール、セーラームーンのカードとか新商品が入るのを楽しみにしていた覚えがあります。

 

今思えばそのころの100円ショップの商品は今売っているものよりクオリティーが低かったしデザインもださいものが多かったと思います。それでも当時からすると珍しくてわくわくしていました。

 

たぶんパラグアイの人もそーゆう感覚なんじゃないかな。

こちらではショッピングモールは一応ありますが日本みたいにたくさんショップは入ってないしわりと高級なものをショッピングモールで売っているなという印象です。

 

 

 

折り紙ピアスの売れ行き

気になるのは売り上げですよね。

そう、今回の客層は前回に比べて男性が多く、年齢層も10代後半~20代半ばの人が多かった印象でした。

そして、前回は夕方17時~18時くらいがピークで人混みで前が見えないくらいになっていたんですが今回は客入りもまばら、正直売り上げは悲惨でした。。。。

 

今回は2日間だったので出店料も300000Gs(約6千円)でした。

でも前回は1日で150000Gsでしたがプラス4千円くらいにはなったので今回もいけるんじゃないかと思っていたんですがマイナス2千円くらいになってしまいました(+_+)

 

前回よりいいもの作ったつもりなのにな。。。

やはり折り紙の知名度が低いのと、アニメキャラクターグッズに比べるとインパクトが足りないのかもしれません。

興味を持ってくれた人に説明すると「え?手作りなの?」とびっくりしてそのあと、エポキシレジンでコーティングしてるから丈夫ということがわかってもらえるとけっこうな確率で買ってもらえることが多いのですが、さらっと見て通り過ぎていく人にはなかなかわかってもらえないようでした。

 

そもそも私の作品はショッピングモールで売るようなものではないのかもしれません。

 

 

 

帰りの足がない

これも問題点です。

初日は土曜日でバスで行って帰りも20時くらいまでバスがあるかなと思っていたんですが19時半くらいが最終なようで待っても待ってもバスが来ず、結局彼のいとこの友達に車で迎えに来てもらいました。もちろんタダでというわけにもいかないので30000Gsくらい払っています。

売り上げがプラスならまだしもマイナスなのにイタイ出費です。

 

2日目は日曜でバスがないし最後まで残って売りたいということでバイクで行きました。

でも、私はもうバイクで行きたくありません。

シウダーデルエステまで行くには大きな幹線道路を通らないといけないし他の車もかなりスピードを出しているので危険です。

 

というか、正直彼の運転はけっこう危ないんですよね。いつも後ろに乗っているんですがゆっくり走ってたかと思うと急にスピード出したり運転しててもキョロキョロ落ち着きがなくけっこう冷や冷やします。

 

彼的にはバイクのほうが早いし帰りのことも心配しなくていいということですが安全の保障はないし彼は大丈夫でももらい事故だってありますからね。

 

車を買ったら帰りのことも心配しなくていいのでイベントなど出店するならやはり車を買ってからのほうがいいなと思いました。

 

 

まとめ

 

そんな感じで今回は不発で終わってしまいました。。。

このイベントは定期的にやっているようですが主催者は毎回違うようです。

前回は繁栄アカデミーという日本の漫画やアニメ、文化を学ぶカルチャースクールが運営していて家族連れがかなり多かったのでやはり売り上げと客層は関係ありそうです。

 

もし次回出店するならこの繁栄アカデミー主催の時のほうがいいかなと感じました。

ただ、イベントに出店して顔を覚えてもらって何か次につながることもあると思うので何回か出店したほうがいいのかなとも思います。

 

試しに作ってみたチョーカーが意外と人気だったので次回はチョーカーをもう少し数を作ってみようと思います。

 

どこか定期的に出店できる場所も探した方が良いなと思います。

ただ、毎日バスに乗ってシウダーデルエステまで行って道端で売るというのは効率が悪すぎるので何か手を考えようと思います。

 

まだまだ試行段階。売り上げマイナスでちょっと落ち込みましたがマイナスといっても2千円くらいの話ですからね笑

パラグアイの感覚だと2千円ってけっこう大きいですが。

 

また進展があればご報告します♪

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています!

下のバナーをクリックよろしくお願いします☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です