パラグアイの日常,  南米移住生活

海外のクリスマスってこんな感じ

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ちょっと胃腸炎っぽくなってしまいブログを更新できませんでした。。。

たぶん冷たいもの飲みすぎ&色々食べすぎ、お酒の飲みすぎも関係あるのかもしれません(*_*)

胃腸炎には何回かなったことがありますが胃腸炎だと正露丸が全然効かないんですよね。

 

 

 

海外のクリスマスってどんな感じ?と気になっている方も多いのではないでしょうか。

日本とは一味ちがったクリスマス。

私は今まで3回ほどクリスマスを海外で迎えたことがあります。

ニューイヤーを含めたら5回くらいあります。

 

今回は私が過ごしたことのある海外のクリスマス(主にコロンビア、パラグアイですが)についてご紹介します。

ニューイヤー情報はまた違う時に書きます♪

 

 

バリ島のクリスマス

 

3年前の世界一周(アジア、ヨーロッパ、ちょっとだけアフリカ)の時になぜか逆走してバリ島に行ったことがありました。

バリ島に行ったのはそれが4回目。

4年ぶりだったしもう行くことはないと思っていたんですが知り合いがクリスマス&年末に行くからおいでよと言われノリで行きました笑

一人旅は好きですがクリスマスと年越しが一人っていうのはさみしいんですよね(^-^;

そして当時モロッコにいた私はスペインのマドリードに3泊してからバリ島へ行きました。

 

このブログを書く前に、今まで何回海外でクリスマスを迎えたかなと数えて昔のブログを見返して見てたんですが全然バリ島のクリスマスの記憶がなかったんですよね。

バリ島はヒンドゥー教だし年中暑いのでクリスマスって気分でもないし、どちらかというとニューイヤーのほうが盛り上がってる気がします。

 

クラブやバーに行ったらもしかしたら欧米人観光客がパーティーやっているかもしれません。

(彼らは年中パーティーしてますが)

 

で、当時のブログをよーく読み返してクリスマス何をしていたのか調べたんですが、、、

特に何もしてませんでした笑

 

あ、でも知り合いと日本食レストランでごはん食べてきましたよ(^^)/

モロッコに長くいた私からしたらかなりうれしかったです。

 

クタにあるワルン沖縄という日本食レストランです。日本人のご夫婦が経営されているようでした。

 

バリ島名物のビンタンビールとゴーヤチャンプル♪

 

スパムむすび♪あーこれ書いてる今もよだれが出そうです笑

 

知り合いの女性、まりこさんと。

 

4年前にバリ島一人旅のときに知り合い、日本でも数回会ったことあります。

それほど家は遠くないんですがなぜか海外のほうが都合が合うというおもしろい関係笑

特に打ち合わせしてないんですがお揃いみたいなコーディネートになってしまいました。

 

一応街中にはクリスマスを感じさせるオブジェはあります。

 

海外ではクリスマス過ぎてもツリーやクリスマスの飾りは年明けまであったりします。

歌でもwe wish a merry xmas~and a happy new year♪って歌があるのでクリスマスとニューイヤーはひとくくりなのかもしれません。

 

 

 

コロンビアのクリスマス

場所は変わって南米のコロンビア。2年前の南米周遊の時でした。

年末には帰国しようと思っていたので最後の国をどこにしようか迷っていました。

 

コロンビアには1か月ほど滞在していたしコロンビア人の友達もいたのでクリスマスおいでよ!と言われていたのです。(このあとパラグアイに戻るとは航空券買った時点では思いもしませんでしたが)

 

実は今の彼と知り合う前にちょっと気になってた人はいたんですよね。

その彼は日本語もかなりしゃべれたし連絡もわりとマメでした。

 

昼間は仕事をし、夕方から大学に通うという頑張り屋でイケメンでした。

彼女になってほしいというようなことも言われていました。

 

今の彼と出会っていなかったらその人と付き合っていたかもしれない。

でも未来がないと感じていました。

 

その人も別に悪い人ではないけど私と付き合いたいというより日本人の彼女が欲しいようでした。

ちゃんと向き合えば付きあっていたのかもしれません。

 

ただ、今の彼との出会いがあまりにも衝撃的だった、それだけかもしれません。

ちょっと話が飛びましたね。

 

クリスマスちょっと前にコロンビアに到着し、ショッピングモールでお昼ご飯を食べに行きました。

 

メデジンのショッピングモール Centro Comercial Santafe

 

大きなツリーの周りはスケートリンクになっています。

お値段は意外と高いようだったのでやりませんでした。

メデジンはかなり都会ですがセントロの近くは治安が悪かったり川をはさむと巨大スラムがあったりと貧富の差が激しい国です。

 

それからメデジン名物のイルミネーションを見に行きました。

 

行ってみてびっくり!かなり本格的でした。

 

最初マトリョーシカかと思ったらマリア様やイエス様だそう。

 

かなりクオリティー高かったです。これで入場料無料なんて良心的。

 

その前の年までは川沿いでイルミネーションやってたらしいんですが政府がこの年から川沿いでのイルミネーションは禁止したそうで、この公園でやることになったそうです。

それでも全然広かったし大満足でした。

ビールやちょっとした軽食なども売られていてお祭りモードでした♪

 

そして、くりすます当日。

私はある場所へ向かいました。

 

メデジンの有名日本人宿(だった)シュハリ。

ある事件があって以来旅行者が減り、今は長期旅行者とコロンビア人のシェアハウスとしてのみ営業しているようです。

 

当時は何人か旅人もいました。

 

ここでクリスマスパーティーをやるからぜひ遊びにきてくださいと言われていたんです。

だって、日本食(≧▽≦)

 

パラグアイのスーパーでは刺身用の魚が買えるんです。

サーモンの手毬寿司とその他。

 

めちゃおいしかった♪

 

 

シュハリの番犬?コシ

 

パラグアイのクリスマス

さて、今年のクリスマスはパラグアイで迎えました。

20時過ぎくらいから彼の親戚の家に徐々に人が集まってきました。

 

そういえばパラグアイではこーゆう電気の装飾を「ピカピカ」と呼んでいました。

日本でも通じますね。

 

彼のお父さんです。肉を焼いてくれています。

 

まあ、いつも同じメニューなんですけどね笑

アサードとチョリソーなど。

こちらではツリーもありますがこんな風な飾りで中にはキリスト教に関係する人たちの人形が祭られています。

そして、飾りにチパ(チーズとゴマ入りのパン)を飾っていました。

 

みんなで飲んで歌って、バーベキューを食べ始めたのは日付が変わったころでした。

もう、だいぶ出来上がってます笑

左から一番若い彼の叔母、リリー、私、一番上の叔母、エステラ、そして彼のママ。

こちらの女性はいくつになっても女子力高いです。

 

だいぶ酔っぱらってますよね笑

 

彼はとにかく食べるのも飲むのも速い!

いつも「もっとゆっくり食べなよ。」と言ってるんですが。。。

基本的にパラグアイ人は食べるのが早いです。

 

で、彼はあまり顔にも出ないし一見普通に見えるから大丈夫なのかと思って2人でバイクで水を買いにいこうとしたんです。

でも、、、なんかふらふらしてる?!

 

「ちょっと、大丈夫?!」

 

いや大丈夫じゃない。危ないので引き返しました。

 

※パラグアイでは多少飲酒しててもみんな運転してます。

警察もクリスマスは休みだとか。。。

 

その後、彼は3時間ほど爆睡するというはめに(*_*)

だから言ったのに。

 

私もかなり飲んでましたが彼の親戚の家だったしそこまで酔っぱらいませんでした。

 

そして、家はまるでディスコ状態に。

音楽を大音量で流し若い人も彼のお母さんもみんなで踊りました。

 

こっちの人はやっぱりリズム感いいな。

けっこう年配の人でも日本人のおじさんに比べたらちゃんと踊れてます。

 

そして宴会は夜中3時ごろまで続きました。

他の家もそんな感じなので苦情とかはきません。

 

早く寝たい人からしたら迷惑なんだろうけど、クリスマスはこちらの人にとってはニューイヤー並みに盛り上がってました。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?国によってだいぶクリスマスの扱いが違うと思います。南米はカトリック教徒なのでやはりクリスマスは大事にするようです。

 

日本ではクリスマスは友達や恋人と飲みに行ったり何なら水商売やってたときは稼ぎ時&クリスマスのノルマがあってほぼ毎年フル出勤でした。

日本だったらクリスマスだからこそレストランやショッピングモールが営業していますがこちらでは24日はまだしも25日はほぼお店が閉まってます。

 

ほとんどの人が家族や親せきで集まっています。

なかなか日本人にはマネできませんがこんなクリスマスの過ごし方もありかなと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です